ハリーと賢者の石のストーリー

ハリーと賢者の石のストーリー

そして、クィディッチの試合が始まりました。

ハリーの仕事はそのクィディッチの競技の中で、金の玉が羽根をはやして、素早く飛び回る
金の玉をゲットしたら150点、点数が入りそこで試合終了となります。

そして、見事ハリーは相手シーカーと競り合い、口でダイビングキャッチし、勝利へと
導くのです。
さすが主人公ですね。

ハグリットもここから参加しますね。
ハグリットはハリーと最初に面識がある魔法使いで、喋りやすかったんでしょうか。

ハグリットに助言をもらうようになりますね。
助言というか、おしゃべりですね(笑)

ハリーは、フォルデモートに受けた呪いで、度々、夜中に目を覚ますことが多くなってきます。
そんなとき、学校探索をしていると、先生と憎まれ役で、七光りのスリザリンのマルフォイ
に見つかってしまいます。
夜中の徘徊は規則で禁じられている為、マルフォイは告げ口を先生にその場で言いますが
先生の判断も正しく、マルフォイも罰を課せられ、禁断の森に奉公で向いますね。

そこで、横たわる、ユニコーンに遭遇、そのユニコーンの血を吸っているのは、かのフォルデモート
だったでしょう。
そこで、ハリーは足が竦み、動けません。
その時、ケンタウロスに助けてもらうのです。