ハリーの素質

ハリーの素質

物語の順におって説明していきましょう。
魔法学校に行くことを決意した、ハリーポッターは、バイクに乗ったハグリットと
一緒に、魔法使いのいる、酒場や、街につれていかれます。

そして、フォルデモートから受けた攻撃は、おでこにあるNという字に似た印を
つけられていました。
後に、これが、呪いの跡のようなものになります。

これらの情報は、魔法界で知れ渡っていて、とても有名人なハリーは、おじさんの
家でしか生活していなかったし、マグルというおじさんの家で半端なくハリーのことを
嫌っていたおじさんは粗暴な扱いと、魔法界の待遇に驚きを隠せませんでした。

そして、魔法学校に行く為に、下準備しないといけないので、ダンブルドアの命により
ハグリットが遣わされました。

そして、魔法界で両親が貯めていたお金をハリーが受け取り、杖、ほうき、ローブを買い
魔法学校まで電車で行くことになったのです。

ロンと会ったのは電車だったでしょうか?

そこで相席になったのは、今、ハリーの3人組みとして活動する、ロンですね。

電車で、カートを押したおあばちゃんがお菓子なり、機内食を販売しにきました。
そこで、ハリーはポケットに大量の金を詰め込んでいたので、そのお金を使って
ロンに奢ってあげたのがきっかけですね。