ハリーと賢者の石 完結

ハリーと賢者の石 完結

そして、賢者の石を、フォルデモートが狙っている事実を悟るのでした。
その賢者の石の情報は学校にあると、ハグリットから教えてもらい、賢者の石を
フォルデモートの手に渡ることを恐れた、ハリーはロン、ハーマイオニーと学校の中を
探索するのです。

そして、秘密の扉を探し出すのです。

確か最初は、無数にある鍵をハリーがほうきにのり、1本の本物のカギでっ次の部屋に行く
試練でしたね。

そして、鎧が襲ってきて、ハーマイオニーが脱落しましたね。

そして、次はチェスでロンがその力を発揮してました。
そしてロンが脱落。

ハリーが賢者の石の在り処にたどり着くと、呪いのような状態になり、賢者の石がハリーを助けて
くれましたね。

そして、それを知っていた、ダンブルドア校長、最後には表彰状を送ってましたが…
全部知っていたんですね。

大体は、肝心じゃない所で助けが入り、肝心なところで助けないパターンが2話から
徐々に増えてきますよ。

え?そこ?っていう部分がありますけども、そういう細部まで見てらっしゃいますか?

もう基本情報はお分かりになりましたね。

こんな感じで、第一話は完結するわけですよ。

2話もまた書きたいんですが、文字数が限界なので、また読者の感想をお待ちしてますね。

そして、ハリーポッターを愛してやまない皆様、長文、乱文、失礼致しました。